千葉大学硬式庭球部って?

 千葉大学硬式庭球部は男子部・女子部に分かれており、現在男子部は関東大学テニスリーグの4部、女子部は5部に所属しています。

チームとしての目標は毎年9月に行われる関東大学テニスリーグでの昇格、個人としての目標は年間を通して行われる関東学連主催大会で結果を残すことです。目標達成のために部員一人一人が全力で日々練習に励んでいます。

練習頻度は、月水金と土日のいずれかで週4回が基本となります。土日には、他大学との対抗戦(団体戦)や練習試合が入ることもあります。

千葉大学硬式庭球部は、関東大学テニスリーグに所属する大学の中でも数少ない国公立大学の1つで、全員が勉強とテニスを両立をさせています。

​また、コーチである日本大学OBの白木泰雄さんを始め、多くのOB・ΟGの方々からご支援を頂いており、充実した環境のもとでテニスを行うことができています。

何かに打ち込むことのできる最後の期間である、大学時代に真剣にテニスに打ち込むことで、テニスの上達はもちろん、人として成長することができます。

実力を問わずテニスが好きな人また大学時代になにか一つのことに熱中したい人を歓迎しています。

                   主将挨拶

​ 今年度より主将を務めている川口大空と申します。我々硬式庭球部は、「全員で上手くなる」をモットーに、部員一人一人が個人の実力の向上のため日々練習に励んでいます。

​ 僕はこのテニス部に入部して約3年が経ち、現在主将という立場で部活をまとめ、目標達成のために取り組んでいる所ですが、僕にとってサークルではなく「部活」に入ったことがとても大きなことでした。

結論から言うと、部活に入っての生活は絶対に非常に充実したものになります。

サークルでは、いろいろな交友関係を築けていろんなイベントをやったりみんなで飲みに行ったりと楽しいことがたくさんあると思います。基本的には自分たちが「楽しい」ことをやります。

一方部活は、部員みんなで一つの目標に向かって頑張ったり、自分が成長するためにたくさん頭を使って努力したり、そして基本的にはそれらを大人の力に頼らず学生主体で進めていったり。その中では高い壁に直面して「苦しい」「辛い」と思うこともあります。

僕はこの「苦しい」「辛い」と言う感情の有無こそがサークルと部活の違いだと思っています。部活をやっていると日々の練習や与えられた仕事が大変だったり、実力が伸び悩んだり、さまざまな困難がありますが、それを乗り越えようと努力した経験、そして実際に乗り越えた経験はどこでもできるものではありませんし、引退して社会人となってからも必ず活きるはずです。

そしてこれらが、部活の「充実度」をあげる非常に大きな要因となっていると思います。

新入生の中でほんの少しでも自分の思い描くキャンパスライフと僕が言っていることでマッチしている部分があれば、サークルではなく部活に入ることを考えてほしいなと思います。

また、日々支援をくださっているOB・OGの皆様のおかげで、硬式庭球部は不自由なく活動を続けてることができています。この場をお借りして感謝申し上げます。

今後とも千葉大学硬式庭球部の応援のほどよろしくお願い致します。

千葉大学硬式庭球部 主将 古市勝寛

​施設紹介

​施設紹介

campus_map_nishichiba_L.gif

千葉大学 西千葉キャンパス

JR総武線西千葉駅より南門から入って徒歩15分

京成みどり台駅より正門から入って徒歩15分

 

 

千葉大学コート案内.png

オムニコート6面

男女兼用の部室がコートから約1分の所にあります。

コート横にシャワールームがあり利用することができます。